img-1

霊園と墓地は運営元が違う

霊園と墓地の違いを気にした事のない方や全く同じ物だと思っている方は多くいらっしゃいますが、自身の身内に何かあった時などに違いを知っておく必要があります。

神戸の遺品整理の基本知識を紹介しています。

どちらを選択するかによってもその後の対応が大きく変わってきます。

まず墓地ですがお寺が運営してます。


お寺には檀家制度というものがあり、お寺の墓地にお墓を建てようと思うと檀家にならなければなりません。

iphone8情報について考えます。

この檀家制度とは墓地を取得する権利の事であり、檀家になればお寺の護持義務を負うことになります。

東京の永代供養墓が評判になっています。

お寺の支援者となり修繕費などを檀家同士が出し合い、お寺の運営を支えていくということになります。

http://rocketnews24.com/tag/%E3%82%A2%E3%83%87%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%AC%E6%B3%95%E5%BE%8B%E4%BA%8B%E5%8B%99%E6%89%80/

負担が大きいように聞こえてしまいますが、法事の際に一箇所で済ますことができる上に、手厚い供養をしてくれるため注目が集まってます。
ただし仏教以外の信徒だと権利取得が難しいということもあります。

霊園は自治体や公益法人が運営してます。その為宗派が不問である事や檀家の様な義務を負う事はありません。
お墓としての機能もあり、公園のような広々とした場所に個人のお墓を建てることも出来ます。

このサイトでhttp://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/gakkai/calendar/if907107.htmlの有益性の紹介です。

個人のお墓だと墓石の前に生前好きだった食べ物や飲み物などを備えて手を合わせることが出来ます。


しかし法事をおこなう場所や僧侶の依頼を自分で一から手配しなければなりません。霊園にも墓地にもメリットデメリットがあります。


それぞれの違いを踏まえた上で今の自分の状況にあった方を選択し、後悔のないように故人の供養をしてあげて下さい。



関連リンク

img-2

遺品整理の時の遺品の行き先

身内が亡くなる事で家の中は家族が一人いなくなります。しかし、故人が利用していた洋服などの身の回りの品物などの遺品はそのまま残されているわけですが、遺品は何れは何らかの形で処分をしたり、子や孫などに引き継がれる品物も在ります。...

more
img-3

故人の人生歴を遺品整理で偲ぶ

遺品の総べては、故人が生前に使用していた大事な財産です。遺品には、故人が歩んできた人生歴が沢山詰まっております。...

more