img-1

霊園を選ぶときのポイント

霊園を選ぶ際に知っておきたいことはいくつかあります。


まず、霊園には公営、民営、寺院境内の三種類があり、それぞれにより独自のしきたりが有ります。



区画の大きさの制限や、墓石の大きさ、そして業者の縛りがあるところも有るので注意が必要です。

公営の霊園の場合には基本的に公共団体が運営母体となるので、どこか一部の業者が優先的に墓石を施工したりすることはありませんが、区画を平等に配分するために最大の大きさが決まっていたり、また自分で好きな位置を決めるのではなく、抽選でその位置が決められる場合も多いので注意が必要です。
さらに公営の場合にはその価格が一般に比べ安価なため、非常に倍率が高いことも特徴です。



民営や寺院境内の場合にはその霊園を造成したり整備する際に一部の業者の協力を得ている場合が多いため、墓石の加工や墓地の整備などに於いて優先権が与えられていたり、契約すると自動的にその業者に施工が確定してしまうことが多いのです。



例えばチラシを持参すると優先的に契約が出来るなどという内容を見て霊園の見学に行った場合、自動的に墓石業者に誘導され墓石を斡旋されたり、顧客情報がその墓石業者に登録されたりすることも有ります。



その為、見学に行く場合に於いてもこのような事を想定し、墓石や墓地の施工業者を自分で選びたい場合などはそれが可能かどうかを事前に確認する必要があります。



一般的には指定の施工業者以外には施工を認めていないケースが多いため、気に行った業者が有る場合には公営を選ぶ方が得策です。



関連リンク

img-2

故人の人生歴を遺品整理で偲ぶ

遺品の総べては、故人が生前に使用していた大事な財産です。遺品には、故人が歩んできた人生歴が沢山詰まっております。...

more
img-3

霊園を選ぶときのポイント

霊園を選ぶ際に知っておきたいことはいくつかあります。まず、霊園には公営、民営、寺院境内の三種類があり、それぞれにより独自のしきたりが有ります。...

more