img-1

遺品整理の時の遺品の行き先

身内が亡くなる事で家の中は家族が一人いなくなります。



しかし、故人が利用していた洋服などの身の回りの品物などの遺品はそのまま残されているわけですが、遺品は何れは何らかの形で処分をしたり、子や孫などに引き継がれる品物も在ります。



家族と同居していた故人の遺品は直ぐに整理をする必要はないわけですが、問題は故人が一人暮らしをしていた場合です。



アパートなどで1人暮らしをしている人が亡くなった場合、部屋の中に残された遺品は直ぐに片づけて、部屋を綺麗に掃除をした上で大家さんに部屋を明け渡す必要が有ります。



また、自分達が忙しくて部屋の片付けが出来ない時などは、専門の会社に依頼をして遺品整理をして行く必要が有ります。



遺品整理は遺族に代わって故人が利用していた身の回りの品物を片付ける事であり、専門性を持つと言います。

遺品整理の仕事は故人を偲ぶ事、身内の身になり遺品を一つ一つ丁寧に片づけて行くことが大切なのです。また、部屋の中には大量の家財道具が在り、それをダンボール箱などに詰め込んでトラックに積み込みます。



これは引越しの作業と同じようなものなのですが、引越しの場合は新居となる場所に荷物を輸送する事になりますが、遺品整理の場合は最初に遺品を供養するための場所に運び込まれ、故人が残した遺品をきちんと供養を行った上で、遺族の指示の下で焼却処分が行われたり、中には遺族の元に返される品物もあるなど、引越しとは異なるのです。

関連リンク

img-2

霊園を選ぶときのポイント

霊園を選ぶ際に知っておきたいことはいくつかあります。まず、霊園には公営、民営、寺院境内の三種類があり、それぞれにより独自のしきたりが有ります。...

more
img-3

遺品整理の時の遺品の行き先

身内が亡くなる事で家の中は家族が一人いなくなります。しかし、故人が利用していた洋服などの身の回りの品物などの遺品はそのまま残されているわけですが、遺品は何れは何らかの形で処分をしたり、子や孫などに引き継がれる品物も在ります。...

more