img-1

いつか来る遺品整理とは

故人が生前使っていた衣類や生活雑貨、家電品などを整理する事を遺品整理といいます。

遺品を整理するまえに遺言書がでてきたら遺言書に従い遺族が分配する事になります。



遺品は葬儀がすんだ後、49日の法要が終わってから故人の思い出のある遺品を形見分けすると良いでしょう。



故人が親しくしていた方に形見分けするのも良い方法です。
故人の家が借家や賃貸アパ―トを借りていた時にはすぐに片付けて明け渡す必要があります。



親族や家族が遠方であったり、亡くなってすぐには片付ける気持ちになれなかったり様々な事情があるときには専門の遺品整理業者に依頼する方法があります。



少子高齢化が進み注目を浴びている仕事ですが最近では特に需要が高くなっています。


遺品整理をするには専門の資格のある業者に依頼した方が安心です。遺品の中には供養が必要となるものもあるので整理して処分するだけはなくきちんと分ける必要があります。

遺品整理業者はインターネットで依頼する事ができますが作業内容や見積もりをいくつかの業者に依頼して検討した方が良いです。



遠方で整理が出来ない場合、費用の金額だけでなく遺品リストの作成や大切そうな遺品を写真にとりメールしてもらうこともできます。



不要となった遺品を買取りしてくれる時には最終的な引き取り金額も計算してもらう必要があります。亡くなった後に残された家族が困らないように元気に働けるうちに生前整理をしておく必要もありそうです。

関連リンク

img-2

故人の人生歴を遺品整理で偲ぶ

遺品の総べては、故人が生前に使用していた大事な財産です。遺品には、故人が歩んできた人生歴が沢山詰まっております。...

more
img-3

いつか来る遺品整理とは

故人が生前使っていた衣類や生活雑貨、家電品などを整理する事を遺品整理といいます。遺品を整理するまえに遺言書がでてきたら遺言書に従い遺族が分配する事になります。...

more