img-1

故人の人生歴を遺品整理で偲ぶ

遺品の総べては、故人が生前に使用していた大事な財産です。

遺品には、故人が歩んできた人生歴が沢山詰まっております。



生活雑貨や衣類、家具、家電製品等やゴミに近く財産価値の殆どない品も含まれます。



借家や賃貸アパートなど賃貸住宅の場合は、葬儀などの法事が済み次第、直ちに遺品整理し処分にかかることが多く、遺品整理でも特に注意しなければならないのが、遺産相続にも大きく係わる貴重品としては、金品や通帳印鑑、証券類、絵画、写真や手紙、趣味の道具や蒐集物など、遺言書の有無の確認といったことがあります。判断が比較的容易な衣服や布団、冷蔵庫内の生鮮食品や保存食などもあります。



貴重品が思い出のなどは、遺族に引取られる場合が多いものですが、中には遺族の気分を害するようなものが含まれる場合があります。



日記、手紙、手帳(住所録やメモなど)、特に、争いの原因ともいわれる金品、証券や預金通帳など利害が生まれる物は、相続が終了するまで大切に保管することです。少子高齢化、核家族化が進む中、老人の孤独死があります。家具や生活用品が大量に残された状態で住人が亡くなった場合、大量に残された家具や生活用品等の整理や廃棄が負担になるケースが多々あります。
遺品整理の中で、廃棄される遺品でも市場価値のある物品を見つけ出す目利きの古物商に見てもらうことも一案です。

一方、地方農村部や地方都市では、親族などで管理されている無人の家というのもしばしば見られる。



遺族の生活にひと区区切りが付き、法要のあとに整理業者に遺品整理や不要となった遺品を廃棄を依頼するケースも多なっております。遺品の中には秘密の箪笥貯金やヘソクリなどを稀に家電製品や古着などと混じって紙幣の束がゴミ処分場などで発見されるケースがありますので遺品物を慎重に調べてから遺品整理業者やゴミとして処分することです。



関連リンク

img-2

故人の人生歴を遺品整理で偲ぶ

遺品の総べては、故人が生前に使用していた大事な財産です。遺品には、故人が歩んできた人生歴が沢山詰まっております。...

more
img-3

霊園を選ぶときのポイント

霊園を選ぶ際に知っておきたいことはいくつかあります。まず、霊園には公営、民営、寺院境内の三種類があり、それぞれにより独自のしきたりが有ります。...

more